衛生管理者 - 産業保健師の仕事に役立つ資格

衛生管理者 - 産業保健師の仕事に役立つ資格

産業保健師として採用試験を受ける前に、関連する資格を取得して面接などでアピールできれば就職に有利に働く可能性は大いにあります。もし関連する資格を取得したいと思っているのであれば、衛生管理者の資格取得を目指してみるのはいかがでしょうか?

 

衛生管理者とは社員の健康管理をして、職場の安全性を維持するためのノウハウを持っている人に与えられる資格です。職場改善プランなどを提示し、従業員それぞれが、どうすれば気持ちよく仕事ができ作業の効率を高められるかについて考える役割があります。

 

衛生管理者は、常時50人以上勤務している事業所では、少なくても1人以上の有資格者を配置しないといけません。このことは労働安全衛生法で決められていることです。ところが現実のところ、衛生管理者の資格を持っている人の絶対数が不足している状況が続いています。もし資格取得ができれば、産業保健師として活躍できる可能性を一気に高められる効果もあるわけです。