産業カウンセラー - 産業保健師の仕事に役立つ資格

産業カウンセラー - 産業保健師の仕事に役立つ資格

産業保健師として今後活躍していきたいと思っているのであれば、産業カウンセラーという資格を取得してみるのはいかがでしょうか?産業カウンセラーとは、企業の従業員に対してカウンセリングやケアを行う知識やスキルを持っていることの認定する資格をさします。特に最近の企業は、メンタルヘルスを重視する傾向が見られます。

 

従業員の中には、職場の人間関係や仕事へのプレッシャーなどのストレスに悩まされている人も少なくありません。そのような人に対してどのような悩みを抱えているのか、そのケアをするためにはどのようなことをすべきかをいろいろと考える産業保健師を求めています。そのノウハウを持っていることの証明できる産業カウンセラーを持っていれば、転職するにあたって大きな武器になりえます。

 

学科試験と実技試験の2段階によって考査が実施されます。実技試験の合格率が64.9%程度と出ているのできちんと受験対策をすれば合格する可能性は高いです。